• Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black LinkedIn Icon

新着情報

検索
  • sj-kanagawa

慰謝料について



今回は不倫をされた相手(夫、妻)に対して


慰謝料をどのくらい請求できるか?というお話です


慰謝料は状況により変化する?


一般的に、慰謝料は、


不倫の状況、結婚状況などにより大きく変化します。


その状況ですが、


不倫の期間が短かったり、すでに別居していたりする場合の


状態ですと、慰謝料請求できる額はだいたい100万円前後。


もうすでに結婚生活が破綻していたりする場合はさらに下がってしまう場合もあります。



高額請求できる場合とは???


不倫の期間が長かったり、夫婦円満な家庭を


壊されてしまった。不倫相手との間に子どもができていた、


不貞行為によって精神的、肉体的に疾患を追ってしまったなどの


深刻な場合などは200〜300万円を超えることもあります。


ちなみに、一般家庭における、慰謝料の最高額は


500万円前後との判例があります。


発生する浮気調査費用に関して


浮気調査を行うことで発生する、探偵などを雇った調査費用に関してですが、


これについては慰謝料と別に請求できることが多くあります。


条件はいくつかあるのですが、


これは適用できている判例のケースが多くあります。


いかがでしたか?


慰謝料の金額については、精神的苦痛による度合いが


大きく左右します。


疾患をおってしまった方などは、診断書や病院での領収書などは


保管しておくことをお勧めします。


また、シークレットジャパン神奈川では


家事に強い弁護士先生を無料でご紹介することが出来ます。


証拠は揃っているので、探偵は必要ないけど、弁護士先生は必要という方も


ご連絡いただければ、ご紹介させて頂くことが出来ます。


多少なりとも、ご依頼者様のメリットにもなるかと思います。



4回の閲覧